観察施設 シマフクロウオブザバトリー Fish-Owl Observatory

 シマフクロウ オブザバトリーは、北海道の東部、知床羅臼に位置する野生のシマフクロウを観察撮影できる施設です。 シマフクロウの縄張りである自然渓流の中に、夕暮れ時に相当する柔らかな照明と給餌池を設置しており、毎晩ほぼ確実にシマフクロウに出会うことができます。

 Fish-Owl observatory is a facility, where endangered Blackston's Fish-Owls are observable in every night. Setting a feeding pond and the special lighting system in a natural stream, visitors can observe and shoot pictures of a wild family of Fish-Owl year round.

 

運営趣旨 Our Misson 

 シマフクロウの行動様式や生息環境を理解し、保護の方策を考えていくためには、実際の生息環境の下で、狩りの様子や複雑な社会行動を観察していただく事がとても大切です。 シマフクロウオブザバトリーでは、給餌の方法を詳細に検討し、野生の行動をできる限り忠実に観察できるように配慮しています。

 Observing a wild pair of Fish-Owl is essemtial to understand their unique behaviors and requrements to habitat. We are studying the method of feeding carefully not to destrube thier natural behaviors as much as possible.

 希少動物をきちんとした管理の下で観察撮影できる場所を整備する事は、他の生息地への人の侵入を防ぎ、個体群全体を守ることにつながります。 シマフクロウにまぶしさを感じさせず、飛翔などの速い動きもをぶれずに撮影できる特殊な照明を開発し、どこよりも優れた撮影環境を提供しています。

 A well controlled observing facility contributes conservation of endangered Fish-Owl, keeping birdwatchers and photographers out from another natural habitat. We have developed a special lighting system, which is dark enough for owls but stop the motion blur of wing beat, to provide the best platform of photography.

 シマフクロウに実際に出会い、生息に必要な環境を知っていただく事が保護と個体数回復にとって大変重要なことであると考えています。

 Social education always has an important role for conservation and recovery of endangered species.  An experience of meeting a wild pair Fish-Owl will give visitors a clear vision for the habitat to be restored.